▶ ニュース ▶ 会社概要 ▶ サービス ▶ お問い合せ
JA庄内みどり葬祭センター

24時間365日お電話ください。

0120-26-5647

山形県酒田市曙町1-1

葬儀のスペシャリスト

JA庄内みどり葬祭センターには、厚生労働省認定「2級葬祭ディレクター」

「1級葬祭ディレクター」「終活カウンセラー」といった資格を持った

葬儀のスペシャリストが多数在籍しておりますので安心してご相談ください。

厚生労働省認定 葬祭ディレクター

 葬祭ディレクター技能審査制度は、葬祭業に従事する人々の知識・技能の向上を図り、併せて社会的地位向上を図ることを目的として、平成8年3月に厚生労働省(当時、労働省)より技能審査として認定を受けた制度です。試験は、厚生労働省に届け出た規程に基づき、葬祭ディレクター技能審査協会(平成7年設立、以下、本協会)が実施しており、葬祭ディレクター(1級、2級)の認定は試験結果に基づき本協会が行っています。

  平成8年夏に第1回試験を実施して以来、平成27年までに本協会が認定した1級葬祭ディレクター、2級葬祭ディレクターの累計は30,702人に及びます。これは葬儀業従業者総数約83,000人(最新の『経済センサス』等を基に推計)に対し37%を占めます。

  資格取得者それぞれが、各葬儀の現場にあって活躍されることにより、本制度は、消費者から信頼の指標として広く認知されるようになりました。マスコミ報道等でも数多く取り上げられ、社会的認知度は年々高まっています。それゆえに資格取得者は、消費者からの信頼をいっそう得られるよう、資格取得後もさらに継続して努力するよう求められています。

 

[技能範囲]

1級:葬祭実務経験を5年以上有する者。全ての葬儀における受注から会場設営、式典運営に至るまでの詳細な知識と技能

2級:葬祭実務経験を2年以上有する者。個人葬における受注から会場設営、式典運営に至るまでの一般的な知識と技能

 

厚生労働省認定 葬祭ディレクター技能審査 HPより抜粋

一般社団法人 終活カウンセラー協会認定 終活カウンセラー

 一般社団法人 終活カウンセラー協会」が教育し認定する資格で、「終活」に関して「カウンセラー」として、相談をじっくり聴けるスキルを持った人です。

  終活に関する抽象的な「悩み」の中身が、どの分野の悩みであるのか、またどの専門家が必要であるかを見極め、専門分野を全て網羅するものではなく、終活に必要な幅広い知識を持ち、『「どうしよう」と思っている方から話しを聴き、その相談は○○の専門家に聴く案件です。』と専門家や専門企業に繋ぐ架け橋の資格です。

 

※終活(しゅうかつ)とは

「人生の終わりのための活動」の略であり、「人生の終焉(しゅうえん)をより良く迎えるために、事前に準備をする」ための活動。

トップにもどる

Copyright © 株式会社みどりサービス All rights reserved.

トップにもどる